各家庭で発電!?自然の恵みを電力に換える

By | 2015年7月2日

自然で環境に優しい発電方法

原子力発電に頼っている部分も大きな現代ですが、その発電方法についても意見がさまざまですよね。発電することに対して不安を持つものどうなのかと感じている人も多いようです。そのためなのか、最近では各家庭に太陽光発電用のパネルを設置する人も多いですね。もともとある太陽光というエネルギーを利用して発電するわけなので、特段有害物質を出すわけではないので安全性も高く、自家発電ができれば家計にも優しいと言える、いいことばかりの仕組みです。

各家庭で発電していくという将来

もともとエネルギーの資源の少ない日本ですから、それを作り出すために水力や風力などの自然の力も使用してきましたが、今では各家庭単位でも、また企業単位でも太陽光を利用して生み出すことができるようになっています。発電した電力自体も蓄電する装置も販売されているために、昼間に作った電気を夜間に使用するとか、また将来的には夏場に作った電気を冬場に使用するといったことも可能になるかもしれないですよね。そうなると現在電力会社からの電力を使用していますが、自家発電だけでも十分にやっていけることも考えられます。

発電機器自体の価格低下と改良

その太陽光発電のためのパネルや蓄電器については、まだ開発されたばかりで開発費も価格に加算されているために高額になっています。しかしこれから他社もパネル等の製作に追随して安い価格でできれば、今よりも早いスピードで普及していくと考えられます。またパネル自体も現在は大型のものですが、テレビが徐々に薄型になったように、パネル自体も薄型になり家への負担も少なくて済むような軽量なものになっていくものと考えられています。

太陽光発電の価格は家電量販店、インターネットなどで調べることができます。売電についてもメーカーによっては紹介しています。